auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。テニスを辞めてジム通い始めました。就職決まったので次は修論です。

ブログトップ

院生のアルバイト 夏休み + 近況

大学院生のバイトについて。

バイトをしている院生はあまりいません。緩い学生生活の延長と思われがちですが(所謂モラトリアム)、学部時代の卒論がオママゴトのように思える程度には高いレベルの研究が求められるので、発表前は明け方まで眠れないこともあります。もちろん、社会人に比べれば楽でしょうが、院には院の苦労があります。

そんなわけで、さらに進学して、これからも研究一筋でやっていくんだ、という猛者は、やったとしても短期バイトとか、大学の書庫整理・チューターの仕事をやっています。

文学部の院生は教員志望が多めなので、塾講はわりとメジャーなバイトです。かく言う私も、週ニで受験クラスの国語を担当しています。

週ニならそこまで大変ではないのですが、授業以外の雑務からは逃げられませんし、夏休みや春休みは結構きついです。

朝八時から夜七時まで、集団授業が180分、170分、個別指導が80分。

この記事を書いている今日は、その前半の四日間が終わり、一日中ベッドの上でゴロゴロしていました。

社会人にとっては普通のことですが、最初の二日間はかなりきつくて、こんなことで再来年就職できるのか……と呆れ半分、不安半分でしたが、よく考えてみれば中高って50分授業が最大でも五、六コマなので、一コマ180分に比べたら楽かも……と、考えたりもして、色々とイメトレ中です。まあ人間って慣れる生き物ですが。ピーターパン症候群にはならないように……。

一日目・二日目はバイトが終わってすぐに外食やビアガーデンに参加し、四日目は20:00-21:20まで週一のテニスがあったりして、結構無茶をしていました。昼休みの50分はカフェで古文の勉強をしていたので、休憩時間はなかったかも……。

明日からまた四日間頑張ります。この四日間は夕方四時までなので、夜の八時まで、地元の図書館で江戸の随筆を読み漁るつもりです。103冊中、二日で20冊流し読みしたところですが、ゆったりと長時間取れないので、長い戦いになりそうです。

八月は大阪(一週間帰省)→鹿児島(武家だった先祖の墓参り)→岩手(フィールドワーク)→石川(旅行)と日本中を飛び回る予定です。その合間にレポートやら小説やらが盛りだくさんでして、八月、九月末に小説賞が二つ。レポート二つに研究発表が二つ。

ゆっくり休める日がない、いつも通りの長期休暇になりそうな予感がします。

以上、メモでした。

(小学生が歌いまくるので、ずっと頭にこびりついて離れません…「本能寺の変」 踊る授業シリーズ)。
[PR]
by white12211122 | 2015-07-30 01:11 | 近況 | Comments(0)