auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。テニスを辞めてジム通い始めました。就職決まったので次は修論です。

ブログトップ

薬師池公園の彼岸花(町田)


宮沢賢治の展覧会を観たあと、せっかくここまでやって来たのだからと、バスに乗って薬師池公園を訪れた。

ホームページには、薬師池公園の彼岸花が見頃をむかえたと書いてあった。

あんまり縁起のいい花じゃないのに?と母は不思議そうだったけれど、秋の始めに、あの毒々しいほど真っ赤な花を写真に収めたいと思った。

c0330562_23501439.jpg


薬師池公園は予想以上に広かった。公園というよりは、立派な庭園だった。水車があり、茅葺屋根の日本家屋があり、大きな池と橋がありーー。久し振りの晴天で、水がキラキラと光っていた。都内にもこんな緑豊かな場所があるのかと、なぜ自分は急にこんな緑に囲まれた場所にいるのかと、少しのあいだぼんやりしていた。

c0330562_23503702.jpg
c0330562_23505642.jpg
c0330562_23511830.jpg


曼珠沙華、死人花、地獄花、幽霊花ーー地方名を数えると、千種類ほどあると言われている彼岸花。有毒で、動物避けに墓のそばに植えられた、死と血を連想させる真っ赤な花ーー。

大昔から存在したはずなのに、彼岸花はなぜか鎌倉時代以前の文学に登場しない。万葉集に一首だけ登場する「いちし」という名の花を彼岸花とする説もあるものの、あれだけ目立つ、人里の近くに生える花がなぜ描写されてこなかったのか。

あまりにも不吉だと思ったのだろうか。たしかにこの花は、怖くなるほど美しい。ぽつぽつと佇むようにひっそりと咲く様子は、異界のモノのように異質な存在感を放っていた。

c0330562_23513550.jpg
c0330562_23514466.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シルバーウィーク&初秋のお出かけスポット
[PR]
by white12211122 | 2015-09-20 00:13 | お出かけ | Comments(0)