auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。テニスを辞めてジム通い始めました。就職決まったので次は修論です。

ブログトップ

年末関西めぐり①大阪:中之島~北浜


小学校から高校卒業まで大阪に住んでいましたが、その間、大阪を散策しようと思ったことはほとんどありませんでした。谷町六丁目から阿倍野までの数駅間が私の生活の全てで、それ以外にはあまり興味がなかったのです。もっと色々見てみたいと思ったのは、東京に戻った後でした。

いつか、大阪を舞台に小説を書けたら。そんなことを二年ほど前から考えるようになりました。京都ほど優美ではないけれど、神社仏閣、伝承もないわけではないし、大阪に住んでいた十年をなんとか小説に生かしたい。

そんなふうに思うのは、大阪にいた頃にもっと色々と何かできたのではないか、なんて、後悔しているからかもしれません。

小説の舞台にするからには、直接使うわけではなくても、色んなことを知っておきたいと思います。年末で今回はあまり時間もありませんでしたから、ある一日に、ふらっと中之島のほうへ足を向けました。ふと、中之島図書館に、日本画家だった曾祖父の絵が保管されているという話を思い出したのです。図書館なら、年末も空いています。

冬の晴れた日の、中之島散歩。気持ちよく歩いていましたが、ほとんど来たことのない場所ですから、懐かしさはありません。

中之島がガイドブックで紹介されるようになったのは、ここ数年のことでしょう。ビジネス街で、中之島図書館や国立国際美術館といった文化施設や西洋建築の大阪市中央公会堂など、文化的な雰囲気は漂っていますが、私が暮らしていた頃はまだそこまで開発されていなかったように思います。

開発途中の場所。十年前から刻一刻と変わる大阪の風景に、私はそんな印象を抱きます。まだまだ変わる場所。それがいいかどうかもまだわからない、不思議な空間です。

c0330562_02054166.jpg
c0330562_02064518.jpg
中之島図書館で話を聞いてみると、現在曾祖父の絵は展示をしていないとのことでした。ただ、さすがにその日には無理でしたが、次回私が長期休暇中に大阪へ来ることがあれば、特別にお見せしましょう、と言っていただけました。

なんだ、やっぱりそこまで有名な画家じゃなかったんだ、と、てっきり図書館内に絵が飾られているのを想像していた私は少し肩透かしを食らった気分でしたが、なんだか自分のルーツを探る旅のようで、面白いと言えば面白い。

c0330562_02073022.jpg
その後は北浜まで歩いていきました。十年住んでいた土地の、知らない場所を歩く旅は、まだ始まったばかりです。



[PR]
by white12211122 | 2016-03-14 03:17 | お出かけ | Comments(0)