auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。テニスを辞めてジム通い始めました。就職決まったので次は修論です。

ブログトップ

京都 怪異めぐり③~洛中:妖怪ストリート~

c0330562_09284581.jpg


洛中は妖怪ストリートこと、一条通りを訪れました。

c0330562_18031319.jpg


一条通りと言えば、百鬼夜行です。

一条通りに軒を連ねる大将軍商店街の店先には、妖怪ストリートということで妖怪の像が置かれていました。

c0330562_09095419.jpg


c0330562_09103620.jpg


c0330562_09110631.jpg


町おこしの企画だそうです。

しばらく歩いていると、一際目を惹く妖しい店がありました。

c0330562_09171388.jpg


c0330562_09210733.jpg


妖怪っぽいグッズを販売している不思議なお店でした。

しおりを二枚買って店を出ると、一条通りにあるという百鬼夜行資料館を目指します。

c0330562_09221854.jpg


c0330562_09224852.jpg


c0330562_09282223.jpg


資料館は無人でした。

二階は百鬼夜行、付喪神の説明と妖怪の人形たちが出迎えます。

三階はさらに不思議な空間でした。

c0330562_09291484.jpg


薄暗い空間に、妖怪のいる茶室。

c0330562_12383384.jpg


札の張られた冷蔵庫。

のんびりと休憩ーーといった雰囲気でないことは確かですが、たった数分間で異界に迷い込んだ気分を味わえました。

その後立ち寄ったのが、大将軍八神社。

c0330562_12413108.jpg


c0330562_13323060.jpg


「大将軍」とは、陰陽道で方位・暦の吉凶を司る方位神・星神のことで、神社には天球儀が収蔵されています(後で知ったので、残念ながら、今回は見ていません)。

西方の神でもあるため、鬼門と同じく、厄災をもたらす天門である北西を守護しているのだとか。

あまり広くない境内ですが、一条通りにあっても存在感を発揮しています。

私が訪れた時には、観光客は誰もいませんでした。

静かな商店街に立ち並ぶ商店と妖怪の像、妖しい店、古くから都の一角を護ってきた神社ーー滞在時間は一時間にも満たなかったのに、濃厚な空気の流れる道でした。





[PR]
by white12211122 | 2016-08-19 19:00 | お出かけ | Comments(0)