auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

カテゴリ:お出かけ( 59 )

冬の温泉街 伊香保2

c0330562_16044570.jpg


伊香保2日目はロープウェイで見晴展望台、グリーン牧場、再び伊香保石段街で温泉に入ってきました。

c0330562_21494564.jpg


c0330562_21504630.jpg


c0330562_21511597.jpg


c0330562_21520262.jpg


c0330562_21523829.jpg


c0330562_21532110.jpg


c0330562_21534539.jpg


c0330562_21541870.jpg


これで伊香保温泉はコンプリート。日帰りでも良さそうですが、全部観て回れたので満足です。

日本の温泉街文化考察とかやったら面白そうだと思うのですが、温泉街は遠いし宿代も安くないのでしばらくはお預け。

それにしても、雪が降って本当に寒かったので、次から冬の旅行は控えます……。


[PR]
by white12211122 | 2014-12-07 16:04 | お出かけ | Comments(0)

冬の温泉街 伊香保

冬の温泉街に行きたい!ということで、群馬県の伊香保温泉にやって来ました。

徳冨蘆花も御気に入りの情緒溢れる石段街、温泉饅頭の発祥地でもあります。

c0330562_18265855.jpg


旅の間中寒さに震えていましたが、射的に大弓、手裏剣と一通りレトロな遊びを楽しみました。

伊香保温泉はメインストリートである石段だけでほとんど簡潔するような、こじんまりとした温泉街なので少々時間を持て余すのですが、のんびりと一ヶ所に長居するのもまた楽しかったです。

ちょうど小説の舞台というか、登場人物たちの旅先として温泉街を設定していたので、取材にもなりました。

以下、写真を載せていきます。

c0330562_18300716.jpg


c0330562_18305736.jpg


c0330562_18313227.jpg


途中から可愛いダルマの置物が欲しくなったので、三回もやりました。無事ダルマさんをゲットして、食べ歩きや雑貨店を覗きつつ散策。



弓道五段のご主人からミニアローをもらいました。

c0330562_18340762.jpg


c0330562_18344036.jpg


c0330562_18353730.jpg


c0330562_18351311.jpg


c0330562_18361455.jpg


c0330562_18364363.jpg


c0330562_18371713.jpg


c0330562_18375378.jpg


伊香保神社で御参り。

c0330562_18384283.jpg


c0330562_18401522.jpg


1日6品限定のスイーツ!

c0330562_18410464.jpg


写真は撮っていませんが、徳冨蘆花文学館にも行って来ました。

明日に続く……

明日は水沢うどんとグリーン牧場です。

[PR]
by white12211122 | 2014-12-06 02:29 | お出かけ | Comments(0)

ジブリの立体建造物展

c0330562_21563893.jpg


江戸東京たてもの園のジブリ立体建造物展に行って来ました。

c0330562_23533332.jpg


c0330562_23534780.jpg


ジブリ作品は絵が綺麗、とは思っていましたが、この展覧会に来るまではそれだけでした。

しかし背景だけを静止画でよく見てみると、写真のような精密さ、細かいこだわりが伝わってきて、まさに圧巻でした。

「部分を見れば、全体が見える」

というキャッチコピー通りの展示でした。

一番印象に残っているのが、宮崎駿さんの「建物の建てられ方というよりは、建物の住まわれ方に興味があるんです」という言葉。

建築方面は全く知りませんが、そんな素人にもなるほどと思わせるこだわりようで、ジブリ作品がなぜ多くの人を魅了するのかがやっとわかりました。

こんなにも作り込まれた芸術品なら当然ですね。

展示の図録はそんな作画や創作メモがてんこ盛りで、買って良かったと思いました。

ついでに千と千尋のファイルも購入。

c0330562_20403592.jpg


大盛況でした!


[PR]
by white12211122 | 2014-11-25 00:15 | お出かけ | Comments(0)

c0330562_15165521.jpg


文学フリマというイベントに行って来ました。

今年で19回目になるこのイベントは、来場者4000人超えなんだとか。

それにしても、自分の作品をきちんと製本して販売するって、すごいことだと思うんですよね。趣味で創作している人は多いでしょうけれど、製本して形にするというのは、ワンランク上というか。おっ、と思います。創作への情熱を感じるからでしょうか。

そんな素敵な人たちが大勢集まっているイベントということで、電車に乗った時からワクワクしていました。

場所は羽田空港方面のモノレールで流通センター駅下車徒歩一分程度、すぐ目の前にありました。

c0330562_18284719.jpg


混雑まではいかない、程よい盛況具合でした。

私が購入したのはこの4冊と絵はがき一枚。

c0330562_19563037.jpg


タイトルで気になったもので、ざっと読んで文体がいいなと思ったもの、斬新な物語だと思ったものを購入しました。特に気に入ったのが、砂金葉之さんの短編集「暮れ六つ」。購入後、戻って話しかけて、サインを頂きました。どの話も、最後の一文が印象的で、余韻を残す終わり方だったので、これはと思って買いました。もっとお話ししたかったのですが、初対面の購入者ということでしつこくするわけにもいかず……とりあえず、手に入れた本を最後まで読むことにします。

こんなふうに時々話しかけてお話を伺ったり、隣のブースと話す人たちの会話を聞いたりして、ほっこりしました。

書店では売っていない本なので、好みの物語に巡り会えると、発掘した喜びも味わえます。


私も来年あたり出店してみたいので、今回の初来場は視察も兼ねてということで色々観察してきました。

購入者として気になった点を挙げていきます。

まず装丁に関してですが、やはり冊子よりも印刷会社にきちんと製本してもらった本を買いたいと思いました。値段は500円以内だと買いやすく、1000円以上はちょっと買う気になりませんでした。少し気になったのもあったのですが、アマチュアで1000円前後は強気すぎるなあと。モトを取ろうとしていないほうが好印象でした。

次に呼び込みについて。服を買うときに、店員さんには放っておいてもらいたい、と思う人が多いように、あんまり積極的に呼び込むと逆効果かなと思いました。大声での呼び込みは、隣で出店している人も迷惑そうでしたし。あと、手にとって読んでいる時に声をかけられると気が散ってしまいました。微笑と挨拶くらいがいいと思います。

最後に、本のジャンルについて。旅やカフェの紹介本など、書店でも多く売られているものは、ここで買いたいと思いませんでした。私もいま旅の記事をこのブログで楽しく書いているので盲点でしたが、著名な作家であるかよほど面白い文章でない限り、他人はあまり興味を持たないということです。もちろん、売ることにこだわらず、自分の書いたものを形にして売るということはいい思い出になるので、好きなジャンルで構わないと思います。それでもやっぱり、購入者側の気持ちとしては、文学フリマでしか買えない、アマチュアでしか書けない独特のストーリーや各々の考え・感想を書いた本が欲しいなあと思うので、来年自分が販売側になる時に留意したいこととして、ここまで書きました。読まれることを意識しているか、していないか、という違いでしょうか(文学フリマに参加するまで、とか、執筆に関するエッセイを期待していたのですが、残念ながらありませんでした)。売るからには、自己満足で終わってしまってはいけないと思うのです。


以上、気になった点を挙げましたが、全体的にはとてもいい雰囲気のイベントでした。色んな個性が光っていて、プロでなくても物語を形にして、広く読んでもらえるチャンスが与えられるわけですから、夢を叶える場所とも言えます。

とっても素敵なイベントなので、これからも毎年開催して頂きたいと思います。



[PR]
by white12211122 | 2014-11-24 20:03 | お出かけ | Comments(0)

中央沿線グルメツアー

c0330562_23482112.jpg
中央沿線グルメツアーということで、高円寺・阿佐ヶ谷・吉祥寺を散策してきました。

引退した後も部活の先輩と遊べるのが嬉しい今日この頃です。


c0330562_13483257.jpg


高円寺ではウィンドーショッピングを、食べ歩きは阿佐ヶ谷を中心に、和菓子の「うさぎ屋」で上生菓子、


c0330562_13461764.jpg
アイスを「SIN CIE RITA」で頂きました。

秋ということで、ほうじ茶と和栗を選びました。


c0330562_00004991.jpg

このお店は種類が豊富かつユニークなので、ずいぶん迷いました。

例えば、パンのアイス。

試食させてもらったところ、「ああパンだな」という味なのですが、さほど違和感もなく、あっさりとした風味で美味しかったです。

冬は何味が出るのかな。

寒い季節ですが、また行きたいと思います。


c0330562_13465988.jpg
古書「コンコ堂」で本を三冊、

c0330562_13472221.jpg

看板で「おじさんのアロマのお店」と強調されていた、アロマショップで入浴剤や石鹸を購入して、阿佐ヶ谷を出発。

c0330562_13444937.jpg
吉祥寺の雑貨屋さんを覗き、今日のハイライト?である、こじんまりとした隠れ家的お店でカレーを食べて、中央沿線グルメツアー終了。

すでにお腹いっぱいだったので、ハーフ・ハーフを二人で半分こさせて頂きました。


c0330562_13451910.jpg


以下、戦利品(?)


c0330562_00424831.jpg
c0330562_00430707.jpg
こうやって積読本が増えていく…卒論は仕上がったので、今年最後の目標として、積読本を全て読んでしまいたいです。

今年もあと二ヶ月か・・・・・・



[PR]
by white12211122 | 2014-11-09 00:45 | お出かけ | Comments(0)

大学祭シーズン

c0330562_15535985.jpg
大学祭シーズンということで、母校やら某私大やらお嬢様高校やら、三校ほど回って来ました。いつもこの時期は学祭演武や大会などで慌ただしく過ぎていたので、ただゆっくり展示を見ているだけで、妙な感動がありました。

これこそ正しい学祭の楽しみ方だ!と思ったのは私だけではなかったようで、一緒に回っていた友人も何かを噛み締めていました。

展示で特に目を惹かれたのが観光・旅行系の部活で、夏合宿の楽しそうな写真を見ていると、こんな学生生活もあったのかもしれないな、とふと思いました。

合宿といえば肉体疲労。坂道をアヒル歩きで20周したり、腱鞘炎で痛む手首をテープで巻いて誤魔化したり・・・・・・と、耐え切ったことへの達成感はあるものの、部員同士で親しくした記憶があまりない。なかったわけではないけど、あまり印象に残っていない。

一緒にいた友人は音楽系の部活でしたが、こちらは精神疲労だったようで、二人して「もうちょっと自分を甘やかしてもよかったのではないか・・・・・・」と、自分たちとは全く異なる学生生活を送ってきた人達の写真を、遠いもののように眺めていました。

部活一つが人生の転機のように思えるのは、私がまだ学生だからかもしれません。

ただ面白いのは、「もしも」を考えても、それは結局ただの想像でしかなくて、別の選択のほうでは未来も満足も感じられない、ということでしょうか。

帰宅部だった私がほとんど一択で少林寺拳法部に入部したのも不思議な話ですが、もしも大学一年の新歓に戻っても、同じ部活に入らなければ後悔するだろうと思うのです。

「結局そういうものだよね」

他人の夏合宿の写真に満足した私たちは、次の展示へと移動しました。





[PR]
by white12211122 | 2014-11-08 15:53 | お出かけ | Comments(0)

三崎港からバスで二十分程で行ける城ヶ島へ。

灯台のほか、海のみえる日帰り露天風呂も楽しめます。

むき出しの岩場で日光浴も。



c0330562_10124314.jpeg

c0330562_00353555.jpg


c0330562_00355853.jpg


c0330562_00361761.jpg


c0330562_00364292.jpg


c0330562_00365816.jpg



お土産は和菓子をバラ売りでいくつか購入。

c0330562_00391459.jpg


c0330562_00393865.jpg


c0330562_00400658.jpg

オモチャ屋さんでこんなものを見つけました。お値段280円……古い!!Σ( ̄□ ̄;)昔持っていたので、買ってしまいました。
c0330562_01520649.jpg

[PR]
by white12211122 | 2014-10-21 00:33 | お出かけ | Comments(0)
『トロと休日』はトロ以外全て実写。

お店も通行人も、全て地元の方を起用。

会えたらものすごくラッキーですが、やはり難しい。

くろば亭の大将はもういない、と色んな方のブログを読んでいたので、ダメ元でくろば亭の方に、世間話程度に聞いてみたら…

なんと並びのお土産屋さんにいらっしゃった!!

大将と、お店に飾られていたトロのぬいぐるみを抱っこして、ツーショットを頂きました。

ちょうど正午あたり。

くろば亭でまぐろビントロ丼+ゴーヤ茶を味わい、ゲーム内で何度も会話した大将と現実に話せたので、この時点で大方満足してしまいました。

トロのゲーム内では他にさくらや、スナックひかり、中華料理店ポパイにも入れるのですが、さくらやはこの日貸し切り、スナックひかりは随分前になくなっていました。

ゲーム内では不思議な静けさのあるゴーストタウンのような描かれ方をしていましたが、実際には活気ある港町。

漁港では、多くの観光客と地元の人が入り乱れる屋内の市場で、スタンプラリーの景品にカットわかめを頂きました。さすが港町。

途中、トロと休日でも行くことのできる城ヶ島にも足を運び、日帰り温泉でゆっくりしました。

城ヶ島のお土産屋さん通りでも何気なくトロの話題を出してみると、最初は怪訝そうなお顔をされましたが、思い出して頂けました。

あのゲームが発売されたとき、トロ人気は絶頂期。

多くのどこいつファンが三崎港にやってきたらしく、今でもドラマや映画の舞台になる三崎港ですが、地元の人にとってもトロは未だに印象深いようです。

店先でお店の方と話していたら、他の店員さんがお茶を出してくれたので、その後も結構長くおしゃべり。

トロファンの方が三崎港をブログで紹介しているのがうれしい、とおっしゃっていたので、私も宣伝しておきます。

かぶと焼きwith小倉あん+マグロ、おすすめですよ!(笑)

城ヶ島から帰った後は、最後の締めで中華料理店ポパイにおじゃましました。

気さくなママさんとのおしゃべりを楽しんでいたら、あっという間に日が暮れていました。

名残惜しいのですが、今日の散策はこれでおしまい。

一人旅でしたが、他にも和菓子屋さんのママさん、バス待ちのおじさまなど、色んな方々とお話ができて、休日のプチ遠出を存分に楽しめました。

色んなお店の方から、またいらっしゃい!と陽気に声をかけて頂いたおかげで、バーチャル里帰りが新たな故郷発見!?に繋がったのでした。

城ヶ島の写真、お土産、こぼれ話は3に続きます。


c0330562_23015635.jpg





[PR]
by white12211122 | 2014-10-20 22:41 | お出かけ | Comments(0)


プレステ2『トロと休日』をご存知の方にはお馴染み、神奈川県の三崎港に行って来ました。

ゲーム内で何度も散策した港町、もう十年も前のゲームですが、変わらない風景に感激しました。

以下、ゲーム内に出てきた場所を中心に載せます。

c0330562_22233030.jpg


c0330562_22242427.jpg


c0330562_22245190.jpg


c0330562_22252170.jpg


c0330562_22261653.jpg


c0330562_22264324.jpg


c0330562_22273178.jpg



トロ発見!!

c0330562_22284992.jpg


c0330562_22294085.jpg


c0330562_22271301.jpg


c0330562_22301063.jpg





c0330562_22311933.jpg


c0330562_22313761.jpg


c0330562_22320659.jpg


c0330562_22322423.jpg


c0330562_22324454.jpg


c0330562_22331842.jpg



文章と城ヶ島の写真は2に続きます。











[PR]
by white12211122 | 2014-10-20 22:18 | お出かけ | Comments(0)