auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。テニスを辞めてジム通い始めました。就職決まったので次は修論です。

ブログトップ

カテゴリ:卒業論文orレポート( 2 )

卒論口頭試験終了


大学の学部生活最後の試験、卒論の口頭試問がようやく終わりました。

質疑応答と言うよりは、ほとんど欠点の指摘と認識の確認でしたが――学部生(青二才)の卒論なんてそんなものだ、とどこかのブログで読んだので、こんなものなのでしょう。四年間の締めくくりとしては、非常に良い終わり方だったと思います。

去年はドイツ語での質疑応答が半分だったそうなのですが、今年は何故かドイツ人の先生抜きで、最後にドイツ語で要約を言うという形式でした。何を質問されてもいいように対策を練って回答を丸暗記、ドイツ人の先生との個人レッスンまでやっていたので、そこは少し残念でしたが、良い要約だと励まして頂けたのは素直に喜んでいいかもしれません。

ドイツ文学科から、今度は日文科に変わりますが、これからもドイツ語は続けていきます。日本民俗学はもちろん、比較考察出来るように、この春はドイツ民俗学の勉強も並行して――。ドイツ留学日記も完成させて、二月三月は久しぶりの公募挑戦。テニススクールに料理教室、週4の塾講バイトに朗読の勉強会――。やるべきことは沢山ありますが、今は少し休憩して、束の間の怠惰な時間を楽しみたいと思います。

ところで、これまで部屋と言えばただ眠る場所、という認識でしたが、ようやく内装にこだわろうという気になり、昨日は謎のやる気を出して、部屋の模様替え、不要な物の整理を一気にやりました。

可愛く、ではなく、大人らしくスタイリッシュに。いつもの自分と少し違うな、と思うほど、徹底的に。気づかないうちに自分の中で変化があったんだろうなあ、と思います。

同級生が社会人二年目になる、これからの二年間を無駄に終わらせたくない、という適度な緊張感故でしょうが、気持ちに余裕が出てきたのかもしれません。本当に欲しい物は必ず手に入れるし、今は目に見える結果がなくても、自分は必ずやれるから焦るな――と、荒ぶる気持ちを抑えつつ。二十代前半、最後の歳ということで、部屋の内装のようにゆっくりと、確実に成長していきたいです。




[PR]
by white12211122 | 2015-02-01 21:44 | 卒業論文orレポート | Comments(0)

卒業論文


卒業論文がほぼ仕上がったので、内容と構成を載せます。

タイトルは「中世の旅と偏見」。

欧文タイトルは「Die Reise und das Vorurteil im Mittelalter」。

副題は考え中ですが、「定住者と非定住者の心性」にしようかと思っています。

ドイツ文学科なので事例や法律などは中世ドイツ(13世紀~16世紀)を参考にしていますが、西欧文化における旅人(余所者)やアウトサイダーへの一般的なイメージなどについても書いているので、題名は中世ドイツとせずに、中世としておきました。


1 序論
1.1 研究の背景と目的
1.2 本論文の構成

2 中世社会
2.1 中世の旅
2.2 中世社会の構造と心性

3 異質な存在への反応
3.1 旅人への不審
3.2 偏見と迫害の事例

4 不安の矛先
4.1 不安の時代
4.2 アウトサイダーの役割

5 日独文化比較
5.1 ドイツ民俗学と日本民俗学の違い
5.2 日本における差別

6 結論
[PR]
by white12211122 | 2014-11-16 01:13 | 卒業論文orレポート | Comments(0)