auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

<   2015年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

c0330562_05161426.jpg
四月の終わり、とうとう計画していた「ドイツ一週間一人旅」を決行した。

本当はベルリンからブレーメンに行って「ドイツ一周旅」にするつもりだったのだが、ある事情からそれを断念したため、フライブルク→ミュンヘン→バイロイト→ドレスデン(途中ポーランドに立ち寄り)→ベルリン→ヴュルツブルクとなった。

朝七時、フライブルク中央駅からバスに乗った。途中ドレスデンからポーランドに立ち寄る以外は、全てバス旅だ。旅費を浮かせる為というのもあるが、「インドのデリーからイギリスのロンドンまで・・・・・・」で有名な、バックパッカーたちのバイブル「深夜特急」の影響が強い。

実際、私は完全にバックパッカーだった。リュックの中にはガイドブック、手帳、日記帳、最低限の着替え、アメニティグッズ、目覚まし時計の他には、少林寺拳法の道着が入っていた。

ミュンヘンの道院はメーデーという祝日で練習がなくなってしまったため参加出来なかったのだが、ベルリンのほうは「是非いらっしゃい」という返事をもらっていた。

そういうわけで、旅行だなんてオシャレなものではなく、放浪の旅に近かった。

フライブルクからミュンヘンまでは、バスで五時間。十五ユーロ程だった。

朝が早かったため、バスが発車した途端眠っていた。気がついたら、ミュンヘンにたどり着いていた。

この日は眩しいほどの晴天だった。バスを下りて最初に見た宮殿風の白い建物に、エキゾチックな白い門、旬の白アスパラ、白い噴水。そして何より、あの巨大な白い市庁舎。

寝起きの頭に「白」が焼きついて、「太陽の光」と「白」が私のミュンヘンのイメージを構成することとなった。

c0330562_05164978.jpg
c0330562_05170365.jpg
c0330562_05173179.jpg
午後十二時、散策が始まった。

c0330562_05193727.jpg

最初に向かったのは新市庁舎。そのあまりの大きさに絶句し、カメラのアングルに迷った。何枚か満足のいく写真が撮れたのだが、この街で一番高い聖ペーター教会に登って撮るのが一番良さそうだ。

新市庁舎に背を向けようとした時、隣で自分と同じように、こっちはしっかりした一眼レフを構えて、市庁舎を撮っている青年に気がついた。彼は花にアングルをあてて、背景として市庁舎を映していた。

彼がそこから離れたので、私も同じアングルでやってみた。

c0330562_02344998.jpg
腕は悪くないと思うのだが、やはりデジカメでは限界がある。

二年前に買ったこのデジカメは一眼レフと同じくらいの値段だったけれど、この留学を含めて一万枚以上撮っていたため、劣化が始まっている。

何枚か撮り終えて振り返ると、すでに去ったと思っていた青年が後ろに立っていた。

「いい写真が撮れた?」

陽気に笑いかけてくれたので、同じ一人旅のバックパッカー(彼もリュックを背負っていた)という仲間意識から、「ええ、あなたのおかげで!」と笑い返した。それから、互いに良い旅を、と言い合って別れた。

新市庁舎の前には人だかりができていた。カメラマンに警備員までいる。警備員の男性にこれは何かと尋ねると、市長の退任式だと教えてくれた。その後、何かジョークを言ったようだったが、聞き取れなかった。どうもバイエルン訛りが聞き取りにくい時がある。

市長の近くまで行ってみると、にこやかに市民と握手をしているところだった。ずいぶん慕われていたようだ。列に並んでいる市民は市長のポストカードと小さなスクエア型のケーキを持っていた。ケーキには市長の顔がプリントされていた。

写真に撮りたいが、市民でもないのにこの列に加わるのは悪い。そこで、近くにいた女性に話しかけて、ついでを装って写真に撮らせてもらった。女性は不審がるどころか、「これ食べかけよ」と大笑いした。何かのツボにはまったらしい。

c0330562_02360005.jpg

次に向かったのはレジデンツ。私の日記のメモには、「王家ヴィッテルスバッハ家の宮殿。1918年バイエルンは王政崩壊(Das ist das Palast der königliche Familie.In 1918 hat die Monarchie in Bayern zusammengebrochen)」とある。

c0330562_05174997.jpg
ドイツで王室と聞いても、なんだかしっくりとこない。金一色の豪奢な宮殿は、コンパクトでちょうどいい広さだった。旅行客の団体とちょうど入れ違いになったようで、レジデンツには私しかいないんじゃないかと思うくらい、人気がなくて静かだった。

色んな角度から写真を撮った後、長い廊下の隅に腰をかけて、ぼんやりと天井を眺めた。本当に静かな時間だった。見知らぬ街の非日常的な空間でぼんやりしていると、夢の中にいるように、「自分は今ここにいる」という実感が乏しくなってくる。

実は、自分の体は日本から出ていなくて、これは長い夢なんじゃないか。今なら、そんなファンタジーも信じてしまいそうだった。

c0330562_05181548.jpg
c0330562_05183326.jpg



[PR]
by white12211122 | 2015-06-30 06:10 | ドイツ留学の思い出 | Comments(2)
c0330562_23153003.jpg


イースターの頃、チョコレート専門店を始めとして、うさぎのチョコレートをあちこちで見かけるようになった。いつも朝食を買う語学学校近くのパン屋にも、いつの間にかうさぎ型のパンが並んでいた。

c0330562_23423459.jpg
市庁舎前の広場ではクリスマスマーケットの時のような屋台が出て、うさぎや卵をモチーフとした遊具も現れた。

c0330562_23430975.jpg
クラスの友人たちから、「明日の夕方に皆で遊びに行こう」と誘われたが、私は語学学校でのイースターイベントであるエッグペイントに参加する予定だったので、一足先に、一人でふらりと立ち寄った。

秋祭り「ヘルプスト・メッセ」を二回、クリスマスマーケットを十三箇所回った後では、もう真新しさもなかったのだが、うさぎ型のクッキーやピロシキのようなものを食べてみるなど、少しだけ食のほうに興味が向いた(食にはあまり興味がないほうなので、ドイツで興味を示した食べ物と言えば、ザウアークラウト・チョコレート・アイスクリームくらいだった。損をしていると思わないでもない)。

c0330562_23431811.jpg
c0330562_23433389.jpg
c0330562_23434595.jpg
着ぐるみのうさぎからお菓子をもらい、何枚か写真を撮って満足した。

その翌日、私はブライザッハのワイナリー見学ツアー、ヴァルドキルヒのファスナハトを通して親しくなったイタリア人女性パウラとエッグペイントに参加した。

こういうデザイン性を求められるものは苦手なのだけれど、ピンク色に塗ってシールを貼るだけにしておいたので、可愛く仕上がった。

パウラはこの日の夜にイタリアに帰ることになっていたので、別れを惜しみ、日本から持ってきていた扇子をプレゼントして、最後に記念写真を撮って別れた。

c0330562_23152180.jpg
ちなみに後から聞いた話では、この日の夕方、市庁舎広場の屋台に出かけていたクラスメイトたちは、あるハプニングに遭っていた。

韓国人の友人スユンが、携帯を盗まれたのだ。そのカバーには、銀行のカードも入っていた。真っ青になって震えながら、「さっきぶつかった青年たちが怪しい」と彼女が言うと、一緒にいたイタリア人青年のチロ、私の兄弟は、「まだ間に合うかもしれない」と言って走り出したそうだ。

チロはその青年たちを捕まえて、携帯を彼女に返せと迫った。青年たちは三人組だったのだが、こちらは他にも何人か友人がいたし、何より真顔のチロの気迫に負けたのだろう。素直に携帯を返したという。

「ジェントルマンだ」と私が感嘆してつぶやき、担任のクリスティアーネが同意すると、チロは真面目な顔で否定した。

「彼らが馬鹿だったんだ。携帯を盗んだあと、近くの曲がり角でおしゃべりしてたんだぜ」

「そうかもしれないけど、君はスユンの携帯を取り返したんでしょう。ヒーローだ」

チロは私たちのクラスのヒーローね、とクリスティアーネが陽気に言っても、チロはなぜか頑なにその賛辞を受け入れなかった。

「俺は当然のことをしただけだよ。だって、スユンが――俺たちの友人が困っていたんだから」

チロは本当に、自分が褒められるのはおかしいと思っているようだった。私ならきっと、自慢げな表情を抑えられなかったと思う。

私の親切でもなんでもない行動を、「とても優しくて誠実だ」と彼が言うたびに、複雑な気分になる。そういうことが何度もあった。それは誤解なんだよ、私はそんないい人間じゃないんだよ、と説明したくなるほど、彼のように親切で寛容で誠実な人が、私の友人でいてくれるのが申し訳なくなる程だった。


c0330562_23153740.jpg

[PR]
by white12211122 | 2015-06-30 01:31 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)
c0330562_05144967.jpg
c0330562_05151077.jpg


オランダ旅行の翌日、四月二十二日は私の二十三回目の誕生日であり、語学学校の最終週だった。

友人たちから誕生日を祝ってもらい、同じクラスの友人や先生、たまたま同じ誕生日だった韓国人の友人と、記念写真を撮った。アゼルバイジャンの友人ゾナは、アゼルバイジャンのマグネットをくれて、頬にキスしてくれた。

チロは私がナポリに行けなくて落ち込んでいたのを覚えていたようで、ナポリのマグネットをくれた。

その日の夜は、姉さんやSさんといった日本人の友人たちが誕生日パーティーを開いてくれた。今まで一対一の付き合いが多かったため、こんな風に大人数に誕生日を祝われるのは初めてのことだった。

誕生日の次の日は、同じ誕生日のドイツ人マルクスが、合同誕生日パーティーなるものを開いてくれた。

そこで私は、自分のノートにメッセージを書いてもらった。

まだフライブルクに来たばかりの頃、旧市街を散策していた時に見つけて買ったものだ。絵柄がかわいくて、手触りも良かった。これでのんびりスケッチでもしようと思ったのだが、結局は使わないまましまいこんでいたのを、メッセージブックとして活用することにしたのだ。

ドイツ人や日本人だけでなく、色んな国の友人がここにメッセージを残してくれた。語学学校の先生、よく行くバーのママさんにも書いてもらい、そのノートは私の宝物になった。

私の留学の目的の一つ、「異国でゼロからどこまで人間関係を築いていけるか」に対する答えが、このノートに詰まっていた。

去年の夏、留学に行く直前のことを思い出した。

教育実習で生徒さんからもらった寄せ書きノート。

部活のメンバーがくれたプレゼントと寄せ書き。

十年来の親友がくれたアルバム。

恋人から贈られた指輪。

気づけば、心のどこかでずっと欲しがっていたものが、手に入っていた。

南ドイツ一週間一人旅から帰ってきたら、最後のお別れパーティーがある。泣いてしまわないかどうかが、心配だった。


[PR]
by white12211122 | 2015-06-29 02:23 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)
c0330562_05115174.jpg


オランダ旅行最終日の朝は、市内を少し散策した。両親宛の絵葉書を赤いポストに投函し、再びデュッセルドルフに戻った。

c0330562_05124600.jpg
c0330562_05125525.jpg
c0330562_05115868.jpg


デュッセルドルフでは楽しみにしていたラーメンを食べた。日本人街で日本語を聞くたびに、新鮮さからSさんと二人して面白がっていたが、日本人店員さんの日本語やおしぼり、無料で出てくるお茶など、懐かしいというよりは日本のサービスに、大げさではなく感動した。もちろん、味のほうも良かった。私のようなあまり食に興味のない人間でも、七ヶ月もすれば禁断症状のようなものが出てくる。
c0330562_05120634.jpg


日本食を堪能した後は、七時間のバス旅が待っていた。

このバスの中で、ちょっとやらかしてしまった。バスが停車した時に、私は扉付近にあったお手洗いに入ろうとした。後で自分で使ってみて、鍵のかかりが悪いので納得したが、ドアを開けたら男性の背中が見えた。

鍵を中途半端にかけていたらしく、慌てた私は、本当に申し訳ないことをしたと思っているが、驚きのあまりドアを閉めずに逃げ出してしまった。その様子が、バスの扉付近にあったカメラを通して、前後についたテレビ二台に映し出されており、車内で爆笑が起こったのだ。

時々こういうコントみたいなミスをやらかしてしまうので、そういった点でもネタの尽きない旅だった。

その後は特に失敗もハプニングもなく、七時間後にバスはフライブルクに到着した。乗客から車掌さんに向けて、拍手がわき起こった。

「長い時間お疲れ様、無事に送り届けてくれてありがとう!」

長いバス旅を終えて、乗客の間に謎の一体感と達成感が生まれていた。最後にいい気分になって、デュッセルドルフとオランダの旅を締めくくることができたのだった。


今回のオランダ旅行は、私にしてはずいぶんのんびりしたものだった。ウィーンやロンドン、コペンハーゲンの時のように、限られた時間内で全部を見るんだという勢いもなく、「見る」よりも、二泊三日で感じられるだけのものを「感じる」というスタンスだった。

より多くを見聞するか、少ない体験から多くのものを感じ取ろうとするか。旅にはこの二つの種類がある、と私は思っている。

どちらが良いという訳でもなく、場所によって、気分次第で変えるもの。今回のオランダは後者だった訳だが、旅を続けているうちに、自分の感覚が変わったとも取れる。

この留学と旅で、自分の中の何が変わったのか。それがわかるのは終わった後なのだろうが、少なくとも、旅に出なければ、自分の旅のスタイルを知ることは出来なかった。

当たり前のことでも、情報として「知っている」のと、実際に体験して自分の感覚で「知った」のとでは、こんなにも質が違う。

それを知った私は、これからどんな人間になっていくのだろうか、と客観的に思った。それまでは留学の終わりが全ての終わりのような気がしていて、その先は想像できなかった。留学が終わりに近づいた今は、なんとなくだが、留学で得たものを手に進んでいく自分が想像できるような気分になっていた。

[PR]
by white12211122 | 2015-06-28 19:36 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)
c0330562_05093845.jpg


アムステルダムから北へ約十五キロ。歴史保存地区ザーンセ・スカンスには、風車はもちろん、木挽き、粉引きの工房、伝統的な民家、木靴、チーズなど「オランダ的」な物がそろっていた。

ザーン川のほとりにたたずむ、いくつもの風車。旅行者にも、これがオランダの原風景なのだと感じるものがある。

レストランやショップなど、観光地化してはいるのだが、過度な装飾もなく、素朴な雰囲気が残っている。レジャー施設はなくとも、この風景だけで十分だった。

c0330562_05094776.jpg
c0330562_05101130.jpg
c0330562_05102402.jpg

c0330562_05103400.jpg


ザーンセスカンスからアムステルダムに戻ると、ゴッホが描いたというマヘレの跳ね橋を見に行った。ここでようやく、アムステルダムでゴッホを感じたような気がする。

ところで、人に道を聞く時はつたない英語を使っていた。オランダではドイツ語も通じるのだが、場所によっては歴史的理由から、ドイツ語を嫌っている地区、人もいるからだ。こういうことは、事前に調べておいたほうが、嫌な思いをしないですむ。

幸い、ジプシーに財布を狙われた以外は何もなかった(両替してくれと言うので、思わず親切心から財布を出しかけたが、必死に頼む様子が怪しかったのでやめた。悪いけど紙幣しかないんだ、と断ると、そう、ありがとうと言って引き下がってくれた)。

出費を抑えたかったので、晩御飯はスーパーで買った。ついでに買ったチョコレートは、スイスともドイツとも違う、濃厚な味わいだった。

c0330562_18455098.jpg

c0330562_05104507.jpg
c0330562_05105347.jpg



[PR]
by white12211122 | 2015-06-28 18:46 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)

c0330562_05060201.jpg
イースター休暇三日目の朝、昨日と同じように、路面電車の窓から朝のアムステルダムを眺めた。今日も天気に恵まれた。ふと見ると、各国の国旗がはためいていた。本当に、カラフルな街だ。

c0330562_05023485.jpg
c0330562_05062455.jpg
アムステルダム国立美術館には立ち寄らなかったのだが、その前には「Iamsterdam」という文字列があった。都市プロモーションの一環らしく、アムステルダムにいる人みんながアムステルダムを表現する、といった意味合いを持つらしい。

今日のハイライトは、国立美術館を通り過ぎた先にある、ゴッホ美術館だ。ここはすでに予約をしていたため、スムーズに入ることができた。

ここにはゴッホのオランダ時代から、プロヴァンスの時代まで、油絵だけでも二百点以上の作品がある。ドローイングは五百、書簡は七百以上。

ゴッホの主要な作品は、「アルルの寝室」「黄色い家」「フェルトの帽子を被った自画像」などで、思ったよりは有名な作品が少なかったという印象だ。

私の好きな「オーヴェルの教会」「ローヌ川の星月夜」はオルセー美術館、「夜のカフェテラス」はクレラー・ミュラー美術館、「星月夜」はニューヨーク近代美術館にあるということを、後から知った。

ゴッホ美術館には「ひまわり」もあるのだが、2014年のこの時はロンドンに貸し出し中とあり、「ああ、ロンドンで観たあれか」と思い出した。

さらに言うと、留学直前の2013年の夏、広島旅行中に、たまたま広島県立美術館で公開中だった「ゴッホ展」に立ち寄ったのだが、これはゴッホ美術館の研究チーム監修ということで、あの時観た「ひまわり」もゴッホ美術館所蔵のものだったのだろう。

広島県立美術館では、「ゴッホが愛した黄色、レモンタルト」を食べたのを覚えている。

c0330562_14133135.jpg
(レモンタルト)

十九世紀のポスト印象派の画家だが、二十世紀の画家たちに大きな影響を与えた。生前は不遇であり・・・・・・と、私の知識はこの程度で、「アルルの寝室」を観た後はミュージアムショップで買い物をしている時が一番盛り上がっていたかもしれない。

オランダ語はドイツ語に少しだけ似ている。多分こういう意味なんだろうな、というのがなんとなくわかる時があるので、調子に乗って図録を買った。留学中にずいぶん色々な美術館を回ったが、図録を買ったのはここが初めてだった。留学も終わりが見えてきたため、そろそろ重たい買い物をしてもいいだろうと思い始めていたのだ。

ゴッホ美術館を後にして、今度は午後のハイライト、ザーンセスカンスの風車を見に出かけた。

c0330562_05072361.jpg
その途中で、アムステルダムの運河に小さな家が並んでいるのを見つけた。これはハウスボートと言って、急な人口増加に伴い、住居問題を解決するべく考案された。これが一種のおしゃれステータスのようになっていて、たしかに「簡易な住居に住んでいる」というよりもむしろ、「恐ろしく芸術的な生活を送っている」ように見える。

ガラス張りの窓はこちらからも丸見えで、ソファーでうたた寝している女性を見つけて、久しぶりにカルチャーショックを覚えた。視線が気にならないらしい。旅行客には体感しきれないものの一部が、顔を覗かせたような気がした。

c0330562_05080574.jpg
c0330562_05082989.jpg

[PR]
by white12211122 | 2015-06-28 14:32 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)
c0330562_00442656.jpg
チューリップの他に、私の好きなスズランやヒヤシンスもあった。昔はそこまで花が好きだったわけでもなかったのに、いつしか自然の見せる美しい「色」の虜になっていた。人工では決して生み出すことの出来ない色だ。

c0330562_00473448.jpg

申し分ないくらいの晴天だった。透き通るような水色の空に、見渡す限りの花の中に立って、本当にオランダに来たんだな、という実感が湧いてくる。こんなにいい時期に、ツアーを利用せずに来られるとは思わなかった。たまたまイースター休暇にまだ行っていない国に行こうと思いつき、それがたまたまチューリップの時期だったというだけで、全く意識していなかったのだ。

c0330562_00474651.jpg
c0330562_00472303.jpg
c0330562_00470120.jpg
木靴は世界各国に伝統的に伝わる履物だが、木靴といえばオランダである。カラフルな色に可愛らしいデザインが描かれているため、実用品としてよりも装飾品として、大勢の人がお土産に買っていく。

色が塗られていないのも、柔らかで優しいイメージがして魅力的だった。購買意欲を刺激されて、大きな靴を買おうか迷ったが、結局は小さなマグネットで満足することにした。友人へのお土産は既にドイツとイギリスで買っていたため、ここでは家族や恋人へのプレゼントを買った。

c0330562_00461784.jpg
c0330562_00464238.jpg


空に赤みがさす頃、私たちは慌ててバスの最終便に飛び乗った。混雑したバスの窓から、夕日の中でさらに赤く輝くチューリップ畑を、見えなくなるまで見つめ続けていた。



[PR]
by white12211122 | 2015-06-28 12:00 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)
c0330562_04522503.jpg
朝の十一時、列車でアムステルダムに着く。巨大な中央駅の建築に驚かされた。東京駅はアムステルダム中央駅をモデルにしたと聞くが、本場はやはり違う。天上へと向かう「縦の空間意識」と言うのだろうか。大きければいいというわけでもないが、このダイナミックな建築は西欧ならではだと思う。

この日のメインは、キューケンホフでチューリップを見ること。路面電車一日乗り放題チケットを手に、アムステルダムの雑踏の中へと乗り出した。

アムステルダムの街は、色に溢れている。建物や看板、路面電車もそうだが、やたらと自転車に乗っている人が多い。その自転車がカラフルで、何台もの自転車が固まって停まっていると、街中のオブジェに見えてくる。そんな雑踏の光景を、路面電車の窓からずっと眺めていた。

ホテルを探すのに、ずいぶん時間がかかった。なんとかたどり着いた先は、私が今まで体験したことのないほどの、えげつない宿だった。

部屋にたどり着く前に嫌な予感はあった。見た目もひどいが、狭い廊下なんかを見ていると、何か別の建物だったのを無理に宿泊施設に変えたような気がする。

簡易宿としか言い様がなく、一階だったのだが、窓に鍵がついていなかった。それでもまあ、かなりたてつけが悪いので、二人がかりでやっと数センチ開くくらいだったし、大丈夫だろうと気にしないことにした。問題はバスルームだった。床があまりにも汚いので、サンダルで入らなければならなかった。

これが日本でなら発狂していただろうが、だんだん感覚がおかしくなっていたらしい。他人事のように「ひどいな」と思うくらいで、とりあえず眠れる場所があるならそれでいい、と思う始末だった。ある意味、たくましくなったとも言える。

気を取り直して、私たちはキューケンホフへと向かった。そこにはチューリップ畑が広がっていた。汚い宿のことなんか頭から吹き飛んで、色とりどりの花を夢中になって写真に撮った。

c0330562_00454879.jpg
c0330562_00460103.jpg

[PR]
by white12211122 | 2015-06-28 09:00 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)
c0330562_04503235.jpg
四月の半ば、イースター休暇の一日目に、日本人の友人Sさんとオランダ旅行に出かけた。

ちょうどチューリップの時期で、旅行客が殺到しているらしいアムステルダムで宿を予約するのは一苦労だった。

最低ランクの宿ですら高額だったため、出費を抑えるために、フライブルクからデュッセルドルフまではバスを使い(七時間かかったが、たったの20ユーロで済んだ)、デュッセルドルフで一泊、そこから列車でアムステルダムに入り、二泊する予定だった。

朝は五時半起き。バスは朝七時出発で、午後二時に着いた。パスポートを持ってくるのを忘れたため停留所で真っ青になったが、近くにいた人に聞いてみると、ドイツからオランダに入国する時はパスポート不要ということで安堵した。

バスでは女子らしく恋バナで盛り上がり、長距離移動もあっという間だった。ここ最近は一人旅が多かったため、改めて、人と一緒にいる時の時間の早さを、不思議な気持ちで感じていた。

日本人街とも言われるデュッセルドルフは、観光名所はさほどないものの、緑豊かな美しい街だった。

c0330562_22093228.jpg
c0330562_22095309.jpg
私の希望で最初に向かったのは、ゲーテ博物館だった。イエーガーホーフ城を博物館として使用しているという。

c0330562_22100953.jpg
酔い止めのせいか少し頭がぼんやりしていたが、「ファウスト」の自筆原稿を見た時は、少し目が覚めた。故人の書いた字を見ると、いつも「かつて本当に存在していたのだ」と、当たり前のことを実感する。その人が本当に生きて、存在していたという証だ。

二階は客間のようで、マイセンの陶器や銀製品のコレクションが並べられていた。なんとなくそれを眺めて、三十分ほどで出たと思う。

ドイツ文学を特別勉強したわけではないけれど、ドイツ文学科としては、ゲーテ博物館は外せない。そういう人でなければ、アクセスもそんなによくはないので、わざわざ訪ねることもないだろう。事実、館内には私たち以外に誰もいなかった。

アイスを食べながら(ドイツのアイスは本当に美味しい)、ライン川のほとりまで歩いて行った。駅前が閑散としていると思ったら、中心地はどうやらこの食事街だったらしい。夕食に鳥のムネ肉を食べて、少し散歩してからホテルに戻った。その途中で、恒例として絵葉書を買う。

明日はいよいよ、アムステルダムだ。



[PR]
by white12211122 | 2015-06-28 00:13 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)

世田谷文学館と紫陽花

c0330562_22113738.jpg


紫陽花&6月のイメージをすてきに撮ってみる!

今日はお昼から部活の先輩と半年ぶりにお会いして、お昼をご一緒した後で世田谷文学館のフリマに行ってきました。ちょっとお高い商品が多かったので、目で見て楽しんで、気に入ったスケッチブックを二冊だけ買って帰りました。

c0330562_23050519.jpg

c0330562_23112844.jpg



前から気になっていたので、いい機会でした。荻窪駅からバスで三十分ほどなので、アクセスは少し悪いかもしれません。
その帰り道に、紫陽花がたくさん集まって咲いているのを見かけました。こんなにたくさん咲いているのを見るのは初めてだったので、蚊に噛まれながら夢中になって撮りました。

七変化とも言われる紫陽花の花言葉は、移り気、冷淡、傲慢など…人がイメージで勝手につけたものですが、可愛らしい花にこんな花言葉があると、意外性に少し惹かれました。

c0330562_22122190.jpg

c0330562_22114946.jpg
c0330562_22120501.jpg
c0330562_22121331.jpg


[PR]
by white12211122 | 2015-06-27 22:11 | お出かけ | Comments(0)