auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。テニスを辞めてジム通い始めました。就職決まったので次は修論です。

ブログトップ

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

妖怪文化 公開講演にて

ハッピーハロウィン!

というわけではないが、『東の妖怪 西のモンスター』という国際研究集会の公開講演を聴きに行ってきた。

c0330562_17351851.jpg


妖怪文化と言えば、小松和彦先生。

民俗学を専攻することになって何冊かそれらしい本を読んでいるうちに、小松和彦先生の本に巡り合った。一度その名前を知ると、著書が何冊もあり、既に妖怪文化の大部分を網羅されてしまったと気づくのに時間はかからなかった。私はそこで、修士論文で妖怪を扱うのは難しいようだと、一旦は諦めてしまった。

そんな憧れの先生が講演をされると聞いて、いそいそと出掛けていった。

先生によれば、妖怪文化の四つの伝承母体は四つあり、それ四つ、口承(民俗学)、書承(文学・歴史学)、芸能(芸能史・演劇学)、絵画(美術史)は相互に関係し影響を及ぼし合っているという。つまり、妖怪文化を学ぶにも色々な観点があり、大別してどこからアプローチするかをまずは決めなければならない。

先月とうとう豊島区の民俗学(都市民俗学)を諦めた私は、この相関図を見て無性に、「やっぱり妖怪文化史がやりたい!」と思った。むしろ最初の出発点はここだったはずだと、不思議に思うくらいだった。ただし、豊島区の民俗学での挫折は必要なものだったと今なら思える。

講演の後、図書館で「都市テクスト論」なるものに出会った。

都市と文学、と言えば前田愛氏かなあと言える程度には日文の空気にも慣れてきたところで、内容の大体は掴めたと思うのだが、これによって今まで細々と考えていたことが、結局は全部似たような方向を目指して流れていたような気がしてきた。

風景って人が創るものだよね、と私の先生がおっしゃっていた。そのとおりだと思う。

実際フィールドワークをしてみても、「風景」なんて見えて来なかった。場所の歴史とか名前の由来を集めて表にしてみても、「これじゃあ観光情報じゃないか……」と疑念が沸く始末。

でも、そりゃそうだ。歴史があっても、それだけじゃ風景は生まれない。物語性という芸術要素が加わって初めて、風景が生まれる、と私は思っている(森鴎外も、自然はそれだけでは芸術ではない、とか言ってたっけ)。

そうだとしたら、私のフィールドワークはやり方が非常にまずかった。まあそもそもフィールドワークに限らず、ノウハウがなさすぎるのだから、自分に出来そうな手法を確立していくしかない。

それじゃあ文学の中で描かれた場所と風景は、ということで三鷹と太宰治を研究しようかと思ったけれど、それもしっくりこない。太宰作品の中に出てくる三鷹の描写を集めても、他の学問的手法を知らない私が扱うのでは三鷹の文学散歩案内で終わってしまう。

いっそ具体的な地名に拘るのはやめて、文学作品における異空間という観点から、現実の都市イメージを抽出できないだろうか。それなら、怪異を扱えるし、妖怪も別の章で扱えそうだ。


昔、とある大学のオープンキャンパスで、「実は私、妖怪文化を研究しているんです」と壇上からマイクで言った女子大生のことを、五年以上経った今でも、未だに覚えている。人に怪訝そうな顔をされることを覚悟で、自分の興味をはっきりと表明したことが強烈な印象を与えたのだ。

小松和彦先生も、昔は妖怪なんてと怪訝そうな反応を返されたとおっしゃっていた。妖怪文化をやりたい、と言うのは少し言いづらいことだが、私も同じことがやりたいとワクワクしながら思った。そう思ったことを、思い出した。

そんなことを考えていたら、図書館にきてから三時間も経ってしまった。千と千尋の物悲しい曲が流れる。お帰りください、の合図だ。

今日は寒いから、そろそろ帰ろうか。そういえばハロウィンだったと、駅でコスプレ集団とすれ違ってようやく思い出した。盛り上がるのは九月だけで、ハロウィンの当日は何もやらない。

ある意味、いつも通りのハロウィンだった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by white12211122 | 2015-10-31 13:29 | お出かけ | Comments(0)

c0330562_19492601.jpg


 丸ノ内駅の北口改札を出ると、すぐ左手に東京ステーションギャラリーという美術館がある。

 間抜けにも私は右手へと歩き、ステーションギャラリーはどこですかと尋ねて、駅員さんに「えっ」という顔をされた。彼女の視線を追って振り返ると、真後ろにあった。年に一回ほどしか通らないにしても、自分の視界の狭さに驚かされる。硝子の壁には大きなポスターが貼ってあった。

 月映展。

 今回の展覧会の題名であり、ある同人誌の名前でもある。

 今回の美術鑑賞は哲学科の授業課題として指定された日本美術で、最初はあまり乗り気ではなかったのだが、展覧会の説明文を読んで「三人の友情」「同人誌」という言葉を見つけると途端に興味を惹かれた。

 身近にファンタジーを書いている友人がいない私にとって、同人誌や小説仲間というのは憧れだった。切磋琢磨だとか、友情だとか青春だとか。

 何故だろう、チラシに載せられた数枚しか見ていないのに、濃密な世界の気配があった。

 三人のうちの一人、田中恭吉は、結核で早い時期に亡くなった。残された二人はたった一年しか続かなかった同人誌の思い出をいつまでも懐かしみ、生涯芸術に携わったという。

 単なる友情がテーマだとは思わなかった。不治の病であった結核は国民病と呼ばれるほど蔓延していた。

 死が間近に迫ることにより、自分がいつか必ず死すべき存在であることを強く意識させられる。友情と死の影、そして追憶。それが、私がこの『月映』に抱いた印象であるが、作品から漂う雰囲気は悲壮感ばかりではない。そこに、作品の魅力があるのだと思う。

 生の限界を感じれば、永遠について考える。肉体が滅びた後も残る「何か」があるのではないかと期待する。死と生について考えを巡らせ、その想いを作品へと昇華させる。

 私は結核にかかってしまった本人よりも、友人の一人である藤森静雄の作品に惹かれた。死にゆく友人を想ったであろう作品にばかり目が向いた。藤森の作品の多くは影をともなっている。

《かげ》をはじめとして、《永遠》《さみしき生のうた》《こころのかげ》。そして、《死によりて結ばれる心》。また、藤森が花言葉を知って描いたかはわからないが、《沈丁花》の花言葉は「栄光、不死、不滅、永遠」である。

 田中から送られてくる書簡を読んで、藤森と恩地孝四郎は死について考え、それを作品としてどう表現するかを考えていたが、『月映』を通して語られる死には、『月映』の発展と永遠への期待、友情と創作意欲が加わって、「死の影」に不思議と希望的な雰囲気を感じた。


c0330562_23552481.jpg
美術館学をきちんと専攻していれば、友情と死にばかり焦点をあてた展示の仕方に疑問を持つかもしれないが、ただの美術巡りを趣味としている私などは、単純にいい企画展示だと納得した。そういうわかりやすい展示のほうが、素人には綺麗にまとまっていると思えるのだが、今回は授業の見学会に参加できなかったため、素人の視点でしか展示を見られなかったのは少し悔やまれる。

図録の他に、いかにもな梅酒があったので、まんまと釣られて購入した。

c0330562_23531762.jpg
それと、いつものように絵葉書を二枚と、小さいファイルを一枚。

本当に影響を受けやすいタチだと思うが、今、私は同人誌をやりたくてうずうずしている。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by white12211122 | 2015-10-27 19:34 | 美術館巡り | Comments(0)
うっかり授業中に結果を見てしまい、ちょっと挙動不審です。落ち着けるように、ここに書いておきますが……いつも以上に乱雑になりそうです、ご容赦を。

某小説大賞で予選通過、最終選考に進出しました。

あまり期待していなかったほうが残り、前回最終選考に残ってセミプロに敗北した(まあ敗北云々の前に力量不足だったと思いますが)ものが今回予選敗退しました。

前回最終選考に進出したとわかった時は院試の一ヶ月前で頭がぐちゃぐちゃになり、院試の直前に落ちたとわかってある意味解放されたと落ち着きーーと、結構悲惨な状態を経験しているので、最初の興奮の波がひくのは早かった、ように思います。

こういう時は忘れるのが一番です。

まだ挙動不審状態なのがバレバレな文ですが、とりあえず……書き残しておきます。

これを原動力に出来ればいいんですけどね、期待しては突き落とされ……ということを十四歳の頃から繰返しているうちに、すっかり臆病になりました。結果発表は来月末だそうです。

(ブログ史上一番暗い記事になってしまった……)


[PR]
by white12211122 | 2015-10-26 16:55 | 近況 | Comments(2)

はじめて褒められた♡


先ほどようやく、一番外せない発表が終わって一段落。

この数週間は、発表をいくつも控え、修士論文で行き詰まり、かなり弱っている状態だった。そんなリアルな葛藤を書こうかとも思ったけれど、字にすると余計に惨めな気分になりそうだったから、やめた。基本的にカッコつけなところは、変えられそうにない(でも、それが私のスタイルなら、それもいいと思う)。

ゼミ(修士論文指導)の教授の授業で、しかも初めてのきちんとした発表だったため、「呆れられたくない…!」と、直前まで悲壮感が漂っていた。

六月にそれまで培ってきた独文式の発表で痛烈に批判されて落ち込んだ経験もあり、怯えながらだったものの、タイトル通り、「いい発表だった」「ドイツ文学をやっていたからか、少しは論理的な思考が鍛えられている」と褒めていただけた。

それは、私にとっては最大の賛辞。他に褒めていただけたのは、着眼点や細かい分類、引用だけじゃない、先行研究ともちょっとだけ違う自分なりの論ーーこの数週間が、報われた瞬間だった。

尊敬していた同じゼミの男の子にも文学トークで話しかけてもらい、それに対してまともに返事ができる自分。意見を交わし、指摘を受け入れ、一緒に悩み、最後は笑う。やっと、同じ土俵に立てたと思った。

六月からずっと根底にあって自分を縛っていた劣等感が少しだけ和らいで、自分にも武器に出来るものがあるんだと、ようやく自分のことを認められるようになった。学部時代とは違う分野だということが、他の人にも納得してもらえる言い訳だと自分でわかっていただけに、余計に苦しかった。

自尊と自信の塊なのに、劣等感も同じくらい、もしくはそれ以上にある自分の矛盾も、この小さな成功のおかげで、ようやく受け入れられそうだ。劣等感のおかげで、頑張ろうと思えるから。

馬鹿のまま、出来ないままで終わりたくない。尊敬できる人たちに認められたい。本当に、欲求に忠実な自分。

中途半端に論理的な部分を「形ばっかり」と自己批判して恥じていたけど、結局は知識不足なだけだった。突き詰めてみると、理解できるのがすごく面白い。断片的な知識がパズルのピースのように、ぴたりとハマる感覚。

改めて、大学院に通えて良かったと思えた。自分に必要なものって、わかっているつもりで、案外気づけていないものなのかもしれない。

タイトルは軽い感じなのに、めちゃくちゃ重量のある話題でした(笑)

ご褒美に、大学近くの和菓子さんで抹茶セットを食べてきました♡

名前は「いちょう並木」。近々秋らしい写真を載せたいです。

c0330562_17033136.jpg


[PR]
by white12211122 | 2015-10-21 16:31 | 大学の授業 | Comments(2)

ブログの文体


ブログの文体って、なかなか難しいーーと思いませんか。


これまでは当然のように敬語を使っていたんですけど、私の場合は「ですます」だと、下手な感想文みたいになって違和感があるんですよね。

「である、だろう」じゃ偉そうだし、そうかといって、「あるんだよね」みたいに軽いタメ口っぽいものは性格に合わない。

さあどうしようと考えて、最近はちょこちょこと文体を変えて投稿してました。

堅すぎず軽すぎないエッセイ調を目指したいけど、これがすごく難しい。結局、違和感は残るままですが、丁寧語と体言止めとタメ口その他色々混ぜて、読みやすい文章を書いていくことに決めました。

作家は演技者だから、自分の考えた「他人」になりきって書くけど、エッセイは言葉で素の自分を表現しなくちゃいけない。

エッセイストを目指しているわけではないけれど、書く限りはいいブロガーになりたいな、なんて思ってます。


[PR]
by white12211122 | 2015-10-07 20:39 | Comments(2)

c0330562_09380089.jpg


朝活三日目、六時起きに成功して、朝から九州物産展で買ったとんこつラーメンをがっつり食べて、吉祥寺まで三十分ほど散歩して、吉祥寺カフェで朝活してきました。

カフェでのんびりドイツ語の予習をしたり、二十世紀イタリア文学を代表する文学者タブッキの『夢の中なかの夢』を読んだりと、とっても有意義な朝のひととき。

井の頭公園近くのカフェ「チャイブレイク」はお気に入りで、前から何度も訪れていたのですが、今日は珍しいチャイーーキンモクセイのチャイを発見。

クリームの上にキンモクセイの花が散らされていて、ほのかな香りと甘味の美味しいチャイでした。

c0330562_20304683.jpg


秋のチャイって、なんだかすごくいい。

カフェまでの道のりーーまだ開館していないジブリ美術館の前を通って、井の頭公園の木々を横目に、木漏れ日がきらきらと光る道を黙々と歩くのもすごく気持ちがいい。
c0330562_09423751.jpg
c0330562_09434060.jpg
c0330562_09440750.jpg



朝活、頑張って続けていきます。



食欲の秋!おいしい秋グルメ&お気に入り秋スイーツ
[PR]
by white12211122 | 2015-10-07 20:23 | Comments(2)

朝活はじめました。


朝活始めました。

と言っても、まだ二日目、六時半なんて社会人にとっては当たり前の時間だけれど、(研究で忙しいとはいえ)起床時間的には怠惰な生活を送っていた学生にしては、頑張った。

そのぶん夜の活動時間が大幅に減ってしまったけれど、考えてみると、あんまり大したことはやっていなかった。携帯をいじっている時間が大半。それなら、思いきって眠ってしまうほうが、少なくとも健康的ではある。


朝に出来たこの時間、どうやって過ごそうかなと考えるだけで、ちょっとわくわくする。

今日はまだ体が慣れてなくて、朝風呂、朝食、ぼんやりで過ぎていったけれど、明日は軽くウォーキングしてから、吉祥寺のカフェでモーニングを食べて、本を読んだり勉強したりして、その後大学に行くとか……。

自分がおしゃれだと思うことを続けていたら、自分もおしゃれな人間になれそうな気がする。おしゃれイコール、こだわりを持つことだと思う。

今日の夜はよく眠れるように、ラムチャイを飲む予定。温かいインド式ミルクティーにラム酒の甘い風味とアルコールの組合せ。ドイツのカフェでラムチャイに目覚めて、金沢のカフェで大好きになった。それを今度は、自分で作ってみたい。


理想のライフスタイルを目指して、今日も自分にはっぱをかける。ブログって、思ったことが形として残るところがいいね。


[PR]
by white12211122 | 2015-10-06 14:10 | 近況 | Comments(0)