auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。テニスを辞めてジム通い始めました。就職決まったので次は修論です。

ブログトップ

<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ルノワール展

c0330562_20460900.jpg


今日は午前中に家事やスーツ一式をクリーニングに出しに行ったりした後、国会図書館に行く前に国立新美術館で開催中の「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」を観てきました。

(前回は近くまで行ったのに定休日でした)

絵って人の好みによりますけど、ルノワールを嫌いっていう人はいないんじゃないでしょうか。

ルノワールの絵は美しい、と知っていても、足を踏み入れて、視線を向けた瞬間から、感嘆のため息が漏れました。
なんて淡くて美しい絵なんだろう、とそればかり。

特に白と水色の中間の色、白昼夢みたいにぼんやりと輝いている様から、目が離せなくなります。

いつもは好みの絵を探して、気に入ったものの前で立ち止まり、あとはざっと長すということが多いのですが、今回はどれも「色彩の美しさ」が光っていて、全部をじっくりと眺めていきました。

題材とか風景の美しさではなくて、ひたすら色が綺麗。

肖像画に関しては、服や背景の色彩の美しさはもちろんのこと、表情のリアリティーに魅せられました。

色彩の美しさは実物を観ないと伝わらない、というのは当然ですが、後で図録を見たときに、実物でないと表情のリアリティーも伝わらないものなんだな、と思いました。

なんでしょう、あの「特別な表情じゃないけれど、瞬間的な感情のこもった、生きた顔」というのは、色彩によって表現されているんでしょうか。

美しいと思った瞳も、図録の絵では光彩に欠けるんですよね…。

会場の混み具合は、昼の三時過ぎということでそんなに混んでいませんでした。

国立新美術館の地下食堂にあるシチュー(フリカッセ)と、期間限定の、同時開催中の「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」にちなんだソーダを注文しました。
c0330562_22500717.jpg


ショップでは図録の他に、ファイルを二枚、絵ハガキを三枚、

c0330562_22575269.jpg
c0330562_22580527.jpg


それと…

c0330562_22581782.jpg


「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」を360゚楽しめるという、面白いグッズを買いました。

c0330562_23010717.jpg


こんな感じで、絵の中に入ったような気分を味わえます!っていうのをサンプルで見たんですが、せっかく買ったのに、私の携帯では使えませんでした。結構高いのにショック…携帯使わなくても見れるものが欲しかったです。

コンセプトは素敵なんですけどね…絵の中に入るって憧れです。
[PR]
by white12211122 | 2016-07-27 23:00 | 美術館・博物館巡り | Comments(4)

就活のこと(最終選考)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by white12211122 | 2016-07-27 15:20 | 就職活動

就職決まりました!


履歴書を書き始めたのが、五月後半くらい。

筆記試験や面接が始まったのが三週間前でした。

最終選考後から二時間後に、電話で採用のお知らせが。

もう即決で返事をさせてもらいました。

本当に、めちゃくちゃ嬉しい!!

でもその電話のすぐ後に、研究発表を三時間程黙って聞き続けないといけなかったので、わーっとはしゃぐことができず、妙にぼんやりした気分が続きました。

夏中、全てをかけて勉強するんだ…!と意気込んでいたところだったので、拍子抜けした部分もありました。長期戦を覚悟していただけに、本当に驚きました。

ちなみに、この五日間は本当に地獄でした。もともと短期決戦型だったとはいえ、やることが多くて、普段は禁句としている「つらい」「ダルい」「もう無理」といった弱音を親に吐いていました。

微熱が続いて食欲もなく、眠っても悪夢ばかり。本当に、昔から大げさに騒ぎ立てるんですよ。今日はその反動か、体中が筋肉痛のように痛んでいます。

最終選考の直前まではまさに「口から内臓吐きそう…」という状態でした。

それでも、やっぱり本番になると意識が切り替わりますね。度胸とコミュニケーション能力には自信がありましたが、最後はそれが物を言ったのかもしれません。

やりたいことはたくさんあります。

去年の暮れから我慢していたやりたいこと、読みたい本、書きたい物語……

と、色々願望はあるのですが、そこはドタバタ挑戦ブログ。

実は31日に修論発表会があるんです!!

今月は全く手をつけていないので本当に危機的です。

喜びも束の間、修論を評価していただけるのか!?

明日から心機一転、頑張ります!

あとは、31日もそうですが、十月に三大学参加の座談会で修論を発表するのが目標です。

これからも挑戦ブログは続くので、よろしくお願いします!


[PR]
by white12211122 | 2016-07-26 16:40 | 就職活動 | Comments(0)

模様替えと就活と。

c0330562_12165628.jpg


とうとう梅雨が明けて、本格的に暑くなってきましたね。和室にひっそりと掛けている布を、桜から涼しげな金魚にチェンジしました。どうも日本的な水の流れに惹かれるようです。
c0330562_12171599.jpg



大学院はあっという間に夏休みに突入です。学生生活最後の夏休みですが、一体何度目の夏休みだよと苦笑い。本来なら三年前に経験していたはずの就活漬けで、毎日慌ただしく動き回っています。

今日は面接対策セミナーでした。先週私立の二次試験が二つあって、一つはダメでしたが二つ目は結果待ちです。もっと早くこのセミナーを受けたかった、と思うほど、たくさんの収穫がありました。とりあえず、理論武装って大事ですね。模擬面接やその他色々なカリキュラムでポイントを伝授してもらいました。正直、大学の教職授業よりも有意義だったかもしれません。まあ一対二という好条件ではありましたが。

場所が青山だったので、バスで五分の国立新美術館に寄ってみましたが、火曜日が休館日だったのを忘れていました。大人しく修論をやれってことでしょうか。結局、研究費で取り寄せた資料や修論のあれやこれやをしに大学へと向かうことにして、電車の中で涼みながらブログを書いています。

さて、今年はどんな夏になるんでしょうか。

c0330562_16045357.jpg


ドトール、時々スタバ、稀にエクセルシオール。カフェ勉強が一番はかどります。



[PR]
by white12211122 | 2016-07-19 16:00 | 近況 | Comments(4)
c0330562_19422852.jpg


先週の土曜日、採用試験の後で、両国の江戸東京博物館で開催中の「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」を観に行ってきました。

土曜の夕方五時半という微妙な時間帯に行ったので、開催直後でもそれほど人が多くなくて、じっくり観ることができました。

前回行った「俺たちの国芳 わたしの国貞展」や、家にある妖怪図絵で見たことのある絵もちらほらとある一方で、「病気=非日常ということで、病気を妙な形の虫の姿で描く」という新しい情報も見かけました。

妖怪って本当に奥が深いと思います。特に江戸時代の作品の数々は当時の人々の空想の豊かさだとか、創作意欲なんかを感じます。

土偶やアニメ「妖怪ウォッチ」も展示されていましたが、こちらは土偶好きと子ども向けに置いてある感じで、妖怪ウォッチはともかく、土偶と妖怪の関連は「ユーモラスな異形」「自然に対する漠然とした不安の表象」であることらしいですが、どうなんでしょう。土偶に詳しくないので、今度詳しい友人に聞いてみます。

初めて訪れた妖怪展(岩手の遠野でも観たことはありましたが)ということで、初見のものがたくさんありました。江戸時代の妖怪図鑑「百妖図」とか。図録は高確率で購入するほうですが、後からもう一度見たいと思う作品が多かったので、即決で買いました。

c0330562_09010783.jpg


c0330562_09193595.jpg


妖怪グッズはあまり購買意欲をそそられませんでしたが、ファイルと化け猫ストラップだけ買っておきました。

c0330562_09360408.jpg


裏の説明によると明治時代に描かれた化け猫の絵が元になっているそうで、江戸から大正時代の妖怪文化展なんかもあればいいなあと思います。百物語怪談会とか、泉鏡花とかーーって、それは私の修論なので、面白いを通り越して助かりますが、さすがに今年はなさそうですね。

江戸東京博物館は前から常設展を観に行きたいと思っていたので、学生証を提示して無料で観てきました(この学生証も来年の三月までかと思うと感慨深いです)。

c0330562_19445921.jpg
c0330562_19453497.jpg
c0330562_19460350.jpg


展示物のスケールが大きいのが魅力的でした。家のセットや塔、中央にかかる橋など、小さなセットや図を見るよりも体感できるほうが大切だなと思いました。さらにスケールの大きい博物館が出来たらいいのですが、未来の博物館はどうなるんでしょうね。



私は大学の途中まで西洋ファンタジーにしか興味がなかったのですが、当然日本的な物に惹かれるようになってから、こういう妖怪の類いにも興味を示すようになりました。

江戸時代以外にも妖怪文化はありましたが、やっぱり江戸時代が一番盛んで、豊富だったように思います。小説の題材で選んでからは、そういう資料で新しい発見があるたびに気分が高揚するようになりました。

平成を生きる人間にとって、江戸時代は既に断絶された遠い昔、歴史的時代ですから、文化的な作品を通さないとその空気や息遣いを感じられないんですよね。でもそうやって過去の人間に興味を持つことって、視野が広がっていいなーと思います。一番わかりやすい異文化理解じゃないでしょうか。

これからの妖怪展にも足を運びたいと思います。

[PR]
by white12211122 | 2016-07-17 10:00 | 美術館・博物館巡り | Comments(0)

c0330562_00262161.jpg


木曜、金曜にキックボクシング、土曜の夕方に一時間ほど埼玉でサイクリングをしたら、日曜は三日ぶんの筋肉痛で昼過ぎまで使い物になりませんでした。

そこで、勉強は月曜から、と一日かけて大掃除をすることに。

今年もまた研究費が支給されたのと、その研究費でAmazonの中古も買えるようになったため、大量に注文した本が届く前にブックオフの買い取りサービスで漫画、本、ゲーム類を段ボール二箱ぶん持っていってもらいました。

後は、へやに散乱していたプリント類を整理(基本的に私の部屋は紙ゴミやらノートが散らばっています)。

結構スッキリしました!

部屋を片付けると爽やかな気分になれますね。

玄関もちょっとインテリアを変えてみました。

(何かインテリアの下に敷きたいです)

c0330562_21234918.jpg


それで、今日(月曜)は朝の6:50に起きて、朝食→掃除機→豆からコーヒー淹れて、早めに学校行ったり。カフェで二時間勉強してから、夜はまたキックボクシングに行ったりと、そこそこ充実した一日になりました。

キックボクシングで汗をかくとすごく気持ちがいいです。レディースクラスにしか出ないのと、初心者クラスということもあって、失敗とか考えずに没頭できます。

それから、キックボクシングとヨガは一時間、筋トレは40分なので、後のことを考えずに全力を出せるのが性に合っているみたいです。

(だいたい三時間だった部活の練習でそれをやると、途中でへばって地獄を見ることになるんですよね)

こんにちはー、お疲れ様でーす、以外の会話をしなくていいのも気が楽で、たまーに二言くらい笑って話すくらいがちょうどいい。

キックボクシングのクセが付きつつあるのでますます少林寺からは離れてしまっていますが、少林寺もまたやりたい気持ちはあるので、とりあえず今は体を鍛えることに専念したいと思います。

運動と大掃除って気持ちいいですね、本当に、という話でした。


[PR]
by white12211122 | 2016-07-04 22:00 | 日常 | Comments(0)