auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

ドイツ留学~フライブルクのカフェ(1)~




c0330562_19031847.jpeg

c0330562_12104463.jpeg

フライブルクで人気上位を争う老舗が、このKAFFEE AKADEMIE。

全席立ち飲みで、一人でゆっくりするには向いていないが、友人と談笑する分には困らない。

メレンゲケーキの他に、後日友人と来た時はレモンケーキも食べたが、どちらも「ザ・ドイツケーキ」というような、甘党向けのケーキだった。
c0330562_12120310.jpg


c0330562_12125308.jpg

こちらはカフェ Schmidt(シュミット)。

レトロな内装で程よくくつろげる。

フルーツケーキにココアを注文すると、溢れんばかりのココアがやってきた。

c0330562_12142055.jpeg
日本人にはこちらのほんのりと甘いケーキのほうが好みかもしれない。


c0330562_12144200.jpeg

旧市街地のカフェ、ARTSTADT CAFE(アルトシュタット・カフェ)。

c0330562_12135609.jpeg
このクッキーのようなケーキは、さくさくふわふわしたマルコポーロのような味で、意外にお腹がふくれる。

ここで印象的だったのが、店員の、優しくて気さくなおじいさんだった。

そして、そんな彼の作り出す雰囲気のためか、それとも南ドイツの人びとの気質なのか、全体的にリラックスした空気が流れていた。

例えば、砂糖がないわね、と店員を呼ぼうとしている客に、他のテーブルの客がこれを使いなよ、と差し出したり、店員が間違えて違うケーキを持ってきても、そこから愉快そうに笑い合って、談笑が始まったり――。

ひまわりをモチーフにした、黄色く彩られた店内で、南ドイツの暖かさに触れた一コマだった。




[PR]
by white12211122 | 2014-10-31 12:08 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)