auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

ドイツ留学 ~いきなり日帰り旅行、シグマリンゲン城2~

c0330562_21060457.jpg


早朝6時、やはり隣人のモハメドが寝過ごした。

時間になっても部屋から出てこないし、物音もしない。

どうやらまだ眠っているようなので、私の顔は一度まで、二度は許さないとばかりに、扉に足刀蹴を二度、おまけに突きを一本入れると、モハメドが転がるようにして出てきた。

あの時の、ハトが散弾銃を喰らったような顔は、今でもはっきりと覚えている。

一緒にやってきた私とモハメドを見て、チロが

「ラブコメだと、隣人って恋愛に発展するよな!」

とからかってきたが、私が答えるよりも先に、

「彼女はいい友達だよ!」

モハメドが青ざめたように言った。

日本の女性好きで、私に恋人がいると知って残念そうにしていたのは、もはや過去のことである。

初対面のスペイン人青年コルゲとサムソンに、私と同じクラスのアリスとルームシェアをしている女の子イレーネ。

彼女とは先日、アリスの紹介もあって、三人でお寿司を食べに行ったところだった。

日本食が恋しいだろうと、アリスが気を利かせてくれたのだ。

ちなみにイタリア人同士はイタリア語、スペイン人同士はスペイン語、私とモハメドに話しかける時は、彼らは英語を用いた。

この時彼らはまだ私より一つ下の初級クラスで、英語のほうが話しやすいと言って、授業以外では英語を使っていた。

私は話す内容は理解できても、もはや英語をほとんど忘れていたので、返すことができない。

イタリアとスペインの人が日本人に英語で話しかけ、日本人がドイツ語で答えるという、変な構図が出来上がっていた。

片道三時間の列車移動は、あっという間に過ぎていった。

3に続く
[PR]
by white12211122 | 2014-11-17 21:05 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)