auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

~クリスマスマーケット④ シュトゥットガルト~

c0330562_21085122.jpg

テュービンゲンで泊めてくれたペンパルに別れを告げて、私はそのまま電車に乗って、シュトゥットガルトに向かった。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは世界最大と言われている。

「最も」をつけるのが好きなのか、ドイツのクリスマスマーケットには他にも「最も有名なクリスマスマーケット(ニュルンベルク)」、「最古のクリスマスマーケット(ドレスデン)」があり、これらは三大クリスマスマーケットと呼ばれている。

現地の駅で私は知り合いと待ち合わせをしていた。縁あって知り合った台湾の女の子と、ドイツの大学で理学部に通う日本人の女子学生。全員、ほとんど面識はなかったけれど、バーデンヴュルテンブルクチケットという土日限定のお得なチケットを使用するために集まったメンバーだった。

自己紹介をしながら、クリスマスマーケットを見て回る。台湾の女の子はドイツ語を始めたばかりで、英語しか話せず、私の方はこの頃にはもう英語をほとんど忘れてしまっていたため、英語に精通している日本人の女子学生さんに通訳をしてもらうという形で、どうもお互い調子が出なかった。英語を全く話せないわけではないが、自分より出来る人の前で外国語を話すということだけは、どうしても恥ずかしい。

しかし、クリスマスマーケットはやはり楽しい。一年に一度の、異国の祭りなのだ。ここでも女子が集まれば限定のマグカップで盛り上がるし、食べ歩きや写真の撮りあいをしているうちに、私たちは程よく打ち解けていった。調子に乗って、子ども用の乗り物に乗ってみるくらいには盛り上がった。

世界最大というだけあって、マーケットの店が集結し、アーケードや巨大な飾りが個々を繋げて一つになっている様は、まるで小さなクリスマス村のようであった。

前日のテュービンゲンは村祭りらしく地元民が集まっているといった雰囲気だったが、シュトゥットガルトは観光客が多く、国際的な雰囲気が漂っていた。祭りというよりは集客を意識したイベントと言うほうがしっくりくる。

c0330562_21094142.jpg

c0330562_21103784.jpg
c0330562_21333775.jpg


c0330562_21293779.jpg
c0330562_21302397.jpg
c0330562_21323372.jpg
c0330562_21330326.jpg
色々見て回ったが、昼の三時前にはあらかた見尽くしてしまっていた。しかし、ここで帰るのも早すぎる。どうしようかと話し合う前に、写真を撮ってくれたドイツ人の老婦人が、この近くのエスリンゲンという町のクリスマスマーケットがとてもいいから、見に行くべきだと教えてくれた。一日で二つのマーケットを巡れるのなら、ぜひ行ってみたい。満場一致で、私たちはエスリンゲン行きの列車に乗り込んだ。
c0330562_21110183.jpg
⑤エスリンゲンに続く
[PR]
by white12211122 | 2014-12-19 21:56 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)