auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

ウィーン滞在記④ナッシュマルクト・・・カフェ「ザッハー」


c0330562_11400079.jpg
とうとうフライブルクに帰る日がやってきた。あっという間の三日間だが、一週間分くらいの濃密な時間を過ごしたような気がする。

色んな場所を案内してくれたシモーネには、どれだけ感謝しても足りない。彼女はウィーン大学で講義があるので、朝に駅で別れた。

一人になった私は、こうなったらガイドブックに載っている物は全て見てやろうという気持ちで、ナッシュマルクトという市場を訪れた。

あいにくの雨だったが、雨の日の市場というのも静かでいい。細い通路の両側にずらりと野菜やフルーツ、パンにチーズ、ワインなどの専門店が並んでいる。ゆっくりと鑑賞できる市場は、それだけで絵になる。


c0330562_11414580.jpg
次に、ウィーンで二番目に古いとされているペーター教会を訪れた。

外観は普通の質素な教会に見えるのだが、内装、特にロットマイヤーの天井のフラスコ画や祭壇は、豪奢で優美な造りになっている。観光客は少なく、ガイドブックにも小さく写真が載っている程度だから、観光客間での知名度は高くないらしい。

c0330562_11413860.jpg
最後はザッハトルテの発祥地と言われるカフェ「ザッハー」を訪れた。

ホテル付属のカフェであるため、高級感漂うカフェだった。私はその時、ドイツのジャックウォルフスキン社の分厚いダウンという、少々野暮ったい服装であったから、ドレスコードで入店を断られるのでは、と思う程だった。

c0330562_11402473.jpg

まず入り口でお金を払って上着を預かってもらい、赤い絨毯にシャンデリアという、クラシカルな店内に案内してもらった。

店内の写真を一枚くらいは撮りたい、と思ったのだが、こういう場所は大抵撮影禁止だろうからと、運ばれてきたザッハトルテを一枚だけ撮った。

周囲にもカメラを持った西洋系の観光客がいたけれど、彼らも自分たちのケーキを撮るだけだった。

そこへアジア系の女性がやってきて、注文を終えたと同時に立ち上がり、店内を
遠慮することなく、豪快に撮影し始めた。

それを見た周囲の人々は合図を送られたように、「よし、じゃあ私も」と一斉に写真を撮り始めた。「わかるわかる」と思いながら、私もそのうちの一人で、二三枚店内の写真を撮らせてもらった。

c0330562_11405332.jpg
c0330562_11403999.jpg
写真を撮り終えた後で、ふとそのアジア系女性と目があった。

私の写真を撮ってくれませんか、と英語で言われたので、いいですよ、と応じ、ついでに私のほうもデジカメを渡して、写真を撮ってもらった。

席もそう離れていなかったので、テーブルを少し寄せて、自然な流れで会話が始まった。

「あなたは日本人ですか?」と私。

「いいえ、私は中国人です。あなたは中国人ですか?」と女性。

「いいえ、私は日本人です」と答えてから、教科書の例文のようなやり取りだと思って笑った。向こうも笑ったので、ご旅行ですか、と会話を続けてみた。

「音楽留学をしている息子に会いに来たんですよ。これから観光して帰る予定です」

留学生の母親か――と、心の中で呟いた。この時点で両親がこちらに来る予定はなかったため、自分だけ楽しんでいるという負い目が、一瞬胸をかすめた。

その女性のほうが先に席を立ったので、電子辞書を見てとっさに覚えた中国語で「良いご旅行を」と挨拶すると、少し嬉しそうに笑って、私にも同じ言葉を返してくれた。

それじゃあ最後のウィーン観光を楽しもうか、とやる気を出して、私も上着を受け取ってカフェを出た。


c0330562_11410846.jpg


[PR]
by white12211122 | 2015-01-21 19:15 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)