auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

ロンドン巡礼記⑤ハリポタ・スタジオ見学ツアー

c0330562_18574443.jpg
ロンドンで迎えた三度目の朝、私はいそいそと着替えて列車の乗り場、ユーストン駅へと急いだ。この日は予約していたワーナー・ブラザーズのハリー・ポッター映画スタジオ見学ツアーの日で、これさえ見終われば、巡礼はほぼ完了といったところだった。

原作派なので映画は二つ程見逃しているのだが(原作の最終巻は朝から飲み食いなしで十時間、最後の数時間は片目を押さえ、頭痛と闘いながら読み続けた。その次の日、自分の青春時代に大きな影響を与えた作品が終わってしまったことにショックを受け、その喪失感から学校の夏期講習を休んだ程だった)、それでも、映画のあの世界観はまさしくファンタジーで、それを間近に見られると思うと、高揚感でどうにかなりそうだった。

c0330562_18575920.jpg
c0330562_18583622.jpg
c0330562_18585392.jpg
c0330562_18591563.jpg
c0330562_18594953.jpg
c0330562_19001141.jpg
c0330562_19002917.jpg
c0330562_19010448.jpg
実際に映画で使われていたセットが揃っているので、本当にハリー・ポッターの世界に入り込んだような気分になった。思い入れのない人にとってはただの舞台セットなのだろうが、ファン(ポッタリアン)には堪らない。

原作を読んでいる時は主人公ハリーに寄り添うような、見守るような気分で物語を追っていたため、自分がこの世界に入りたいと思ったことはなかったが、文字によって想像していた物を実際に目にすると、自分の想像との相違を確認しながら物語を追想するといった、独特の楽しみ方ができる。

c0330562_19012789.jpg
c0330562_19020427.jpg
c0330562_19022954.jpg
c0330562_19025139.jpg
c0330562_19031186.jpg
c0330562_19033507.jpg
c0330562_19035997.jpg

c0330562_19042409.jpg
c0330562_19045294.jpg
c0330562_19052699.jpg
c0330562_19054403.jpg
c0330562_19061280.jpg
c0330562_19113604.jpg
ダイアゴン横丁は実際にあるストリートのように配置されていた。それから、ホグワーツ城の巨大な模型。イラストや設計図。こうした裏方の仕事を見ると、様々のプロフェッショナルが力を合わせて、一つの世界を作り上げたのが伝わってくる。

c0330562_19095895.jpg
c0330562_19102644.jpg
c0330562_19105217.jpg
c0330562_19111237.jpg
見学ツアーは時間を指定できない代わりに、閉館まで居座ることができる。ロンドンには珍しくいい天気だったため、さすがにそこまではいなかったが、二時間以上はいたように思う。

今尚魔法を与えてくれる場所として、このスタジオがいつまでもあってくれるように願いたい。



[PR]
by white12211122 | 2015-03-05 00:06 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)