auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

ドイツ留学 ~フライブルクの石畳・シンボルマーク~

c0330562_00500318.jpg


フライブルクの旧市街を歩いていると、石畳の道にモザイク画のシンボルマークが点在していることに気がつく。

c0330562_01024726.jpg


看板も面白いが、石のモザイク画はフライブルクの特徴で、少なくとも私が訪れた他の街では見かけなかった。

全部写真に収めようと意気込んでいたのだが、なぜか途中でやめてしまった。

上手く撮れなかったからだろうか。確かに陰ったりアングルが悪かったりと、いい写真ではない。それに、あまりにも数が多いので、人に見せる気にならなかったし、私と同じようなことをしている人がいるとは思わなかった。

でもそれ以上に、石畳のモザイク画が私にとって、次第に日常の一部となっていったから、興味も薄れていったのではないかと思っている。この写真を撮った時はまだフライブルクに来たばかりで、私は観光者だった。ただ、八ヶ月の留学で市民になれたかと言われると、そこに至るには時間が足りなかったように思う。

この記事を書くにあたり、他のブログを検索してみたところ、シンボルマークの写真を載せている人は一定数いた。中には私が見かけなかったマークまであり、なんだかとても悔しくなった。今はシンボルマークの写真を全て撮りに、フライブルクをもう一度訪れたいとさえ思っている。

一つの街を知り尽くすのには、そこに何年も住まなければならない。このままフライブルクに一生残ったらーー本当にそんな道があるのだろうかと、半信半疑ながらも夢想していた時期のことを、ふと思い出した。

それは朝にベッドの上で、まどろみの中で思う、「もう少し眠っていたい、けれどそこから先は自分の為にならない睡眠」と言うようなものだった。

c0330562_01075674.jpg

c0330562_01085043.jpg
c0330562_01094912.jpg

c0330562_01104101.jpg

c0330562_01112905.jpg
c0330562_01115999.jpg

c0330562_01124471.jpg

c0330562_01133773.jpg
c0330562_01204849.jpg
c0330562_01232564.jpg


c0330562_01140100.jpg
c0330562_01144743.jpg

c0330562_01154650.jpg
c0330562_01163367.jpg
c0330562_01171062.jpg
c0330562_01175752.jpg

c0330562_01183487.jpg
c0330562_01190095.jpg

c0330562_01193355.jpg

c0330562_00490944.jpg
c0330562_00484369.jpg

c0330562_00441427.jpg

c0330562_23014596.jpg
c0330562_23023353.jpg
c0330562_23045203.jpg
c0330562_23055926.jpg






[PR]
by white12211122 | 2015-03-12 00:09 | ドイツ留学の思い出 | Comments(0)