人気ブログランキング |

auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

ドイツ留学~花の楽園・マイナウ島~

c0330562_03465984.jpg

バスに乗って、ボーデン湖に浮かぶ花の島、マイナウ島へと向かった。

そのバスの中で、まだベビーカーに乗っている小さな赤ちゃんが、自分でパンをちぎって食べていた。ふと目が合うと、天使のような微笑みを浮かべながら、小さな手を一生懸命伸ばして、私にちぎったパンをくれようとする。

ありがとう、と言ってありがたく受け取ると、お母さんが赤ちゃんをたしなめながら、こちらにはにっこりと微笑んでくれた。その後、自分のお兄ちゃんにはちぎったパンを投げていたのがまたおかしかった。

別にどうというエピソードでもないのだけれど、そういう一瞬の小さな出会いの全てが、留学が終わった今でも――いつまでも、頭の隅に残っていたりする。


マイナウ島に上陸すると、木々に腹巻のようなものが巻かれていた。寒くないように、という心遣いだろうか。昔読んだ絵本に、そんな話があったような気がして、Hちゃんと笑いあった。

c0330562_03474340.jpg
c0330562_03475605.jpg
c0330562_03460160.jpg
マイナウ島は自然に花の島となったのではなく、その昔、ベルナドッテ伯爵という人物が、荒れ果てた島を一つの庭園に見立てて、珍しい花々を集めた人口の楽園。温室では熱帯系のエキゾチックな花に加えて、蝶も飛んでいる。

南国のような趣に、少しの間、ヨーロッパでもない熱帯の島を訪れたような気分になった。

マイナウ宮殿に温室、教会、そして周囲に広がる花々。川のように細長く、うねるように植えられている花を、地上の天の川のようだと思った。

c0330562_03461426.jpg
c0330562_03464173.jpg
c0330562_03454626.jpg

c0330562_03471442.jpg
c0330562_03473090.jpg
マイナウ島を堪能した私たちは、夕方に列車に乗ってフライブルクに戻り、行きつけのバーで乾杯した。彼女は留学していたハイデルベルクや他の懐かしい街々を周るということで、夜遅くに夜行列車に乗って去っていった。

今までは見送られることのほうが多かった私が、ドイツに来てからは見送ることが多くなった。自分だけその場所に留まって置いていかれるような気がして、少し寂しく思いながら、彼女を乗せた列車を見送った。




by white12211122 | 2015-05-24 02:34 | ドイツ留学の思い出