auf der Reise~旅の空~

white12211.exblog.jp

作家を目指す院生です。ドイツ留学時代の日記を中心に更新していましたが、院試(転科)→就活などのドタバタ挑戦ブログだったり、お出かけブログだったりと、割りと何でもアリで色々やっています。美術館めぐりも少々。

ブログトップ

夏の家族旅行 鹿児島③アニメの背景画 山本二三展


c0330562_11292148.jpg


日本のアニメーション美術の創造者と言われる山本二三の展覧会が鹿児島県歴史資料センター 黎明館で催されていたので、二日目、水族館に行く前に立ち寄ってもらいました。

山本二三とは、ジブリ作品(「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」「もののけ姫」)や「時をかける少女」の背景を手掛けた人物。ファンの間では、山本二三の描く雲を「二三雲」と呼ぶそうです。

アニメーションについては全く詳しくないので、この展覧会でまた新たな刺激を受けました。人物がいない、背景のみの絵で、自分がそこに入り込む想像ができる。

小説を書くとき、もちろん頭のなかには自分なりのイメージが広がっていますが、やはり頭のなかなので精密描写に欠ける。ここ最近、特に求めているのが、よりリアルに、読み手が映画を観ているかのように脳裏に場面を思い浮かべられる描写。

映像を喚起させる「言葉選び」の練習をするには、色んな映像を見ておかないといけないんですよね。現実の映像と、空想の世界の映像。前者はすぐ手にはいるとしても、後者はなかなか難しい。

そういうわけで、即決で画集を買いました。旅先でこんなにいいものを手に入れらるなんて、嬉しい。

このブログで更新していたドイツ留学日記でも、時々試みていた「色彩描写」の幅が、もっと広がりそうです。


[PR]
by white12211122 | 2015-08-10 12:55 | 美術館・博物館巡り | Comments(0)